水素水テレビ特集

日本テレビ「特捜リサーチ」で紹介された活性水素

当時は珍しいものだった活性水素

日本テレビ系列で1990年代に放送されていた「特捜リサーチ(特命リサーチ200X)」という番組で、過去に活性水素についてとりあげられていました。
こちらの番組は、架空の調査チームが怪奇現象や謎について調査を行うといった内容であり、バラエティでありながらもドキュメンタリータッチとなっています。視聴率も良く、SF風のナレーションが特徴的なため観たことのある方は多いのではないでしょうか。
この番組はレギュラー回が2002年に終了しており、その後2006年までに単発特番が放送されているのですが、ここでひとつ疑問が起こります。水素研究の第一人者である日本医科大学大学院の太田成男(おおたしげお)教授がネイチャーメディスンという権威ある医学雑誌に水素水と活性酸素に関する論文を発表したのが、2007年のこと。つまり、論文発表よりも前に、水素について興味を持ち調査を行っているということです。
ユーチューブにあがっているこちらの番組を観るとわかりますが、まだ活性水素が未知のものであり、それを解明するといった内容のため、いち早く水素の効果について伝えたテレビ番組といえるのではないでしょうか。

1990年代の活性酸素と活性水素の研究

太田教授らの発表により、活性酸素を水素が除去することは現在判明していますが、この番組放映時は、まだ仮説どまりだったと考えられます。そのためあくまでも仮説として、体内で発生する活性酸素と活性水素が結びつくことで水となり、活性酸素の毒性を無くすといったことが説明されています。
この仮説について説明していたのは、九州大学農学研究室の白畑教授という方です。少し調べてみたところ、もともと抗酸化物質の研究を行っていたそうですが、その際、活性酸素が大量に発生すると病気を引き起こすのではないかということに気づき、その後活性水素や水などの研究を行っているとのこと。1990年代には企業とともに電解還元水の研究を行い、1997年には「電解還元水の活性酸素類の消去及びDNAの酸化損傷からの保護作用」といった論文を発表し国内外の研究者からの大きな反響があったそうです。
現在水素といえば太田教授ですが、太田教授ではなく白畑教授が登場し、尚且つこの番組の放送時期が1990年代後半だと考えると、白畑教授が発表した論文をもとに作られた番組なのでしょう。

電解還元水?水素水?

番組の内容とは少し外れますが、ここでさらに疑問に感じたことは、白畑教授が呼んでいる電解還元水というものです。活性酸素と水素について研究していた白畑教授が辿り着いた電解還元水とは一体何なのか。水素水とは異なるのかということです。
調べたところ、電解還元水とは“水道水を電気分解して水の中に存在する活性水素(原子状水素)生成させたアルカリ性の電解水”とのこと。少々難しいですが、いわゆるアルカリイオン水と呼ばれるものが電解還元水らしく、私たちが一般的に認知している水素水とは少々違うもののようで、電解還元水に水素が豊富に含まれているかについては現在でも実証されておらず、ニセモノだという声もあります。
ただ、電解還元水についての科学的根拠が現在ないだけで、もしかすると将来的に水素水以上の発見があるかもしれません。どうやら電解還元水と水素水は、似ているけれども違うといった紛らわしいもののようです。つまりこの番組では、水素が病気を治すかもしれないといった仮説ではなく、電解還元水に含まれるであろう活性水素が病気を治すかもしれないといった仮説を検証しているといった方が正しいのかもしれません。

活性水素のメカニズムへの仮説

番組の内容に話を戻すと、番組冒頭では活性酸素が引き起こす病気についての説明が行われていました。この内容は私たちが現在認知しているものと同様であり、体内で発生した活性酸素が正常な細胞を破壊することで、様々な病気を引き起こすといった内容です。
また、私たちがエネルギーを作り出すときやストレスを感じたときなどに活性酸素が多く発生するといったことがCGを使用して分かりやすく伝えられているので、活性酸素が何故身体に悪いのかを知るにはぴったりの番組となっています。
現在では、これら水素と活性酸素が結びつくことは知られていますが、当時この番組では「仮説」として伝えられています。今ではパーキンソン病やがんの治療などにも医療機関にて用いられている水素ですが、この当時、活性酸素を除去することが病気を防ぐ・治すといったことは、まだまだ未知のことであったというわけですね。

活性水素がアレルギー・糖尿病を治す仮説

私たちの身体のなかには「免疫細胞」といったものが備わっており、外部からウィルスなどの身体に悪いものが侵入してくると、この免疫細胞が戦うといった仕組みになっています。しかし侵入者と戦う際に免疫細胞が発生させるものが活性酸素。花粉などが侵入した際に過剰に活性酸素を放出することで花粉の侵入を食い止めることができる反面、発生した活性酸素が正常な細胞を傷つけることで起こるものが、アレルギーだと番組では紹介されていました。
この仕組みを考えると、体内に活性水素があれば、過剰に発生咲いた活性酸素と結びつくことで水に変わり、体外に排出できるというわけです。これが番組で紹介されていた活性水素が病気を治す仮説その1でした。
次に紹介された仮説は、活性水素が糖尿病を治すといったもの。通常、すい臓で作られるインスリンによって糖分が細胞に取り込まれるのですが、このインスリンが正常に機能しなくなるなどして起こる病気が糖尿病です。なぜ糖尿病に活性酸素が関係あるかといえば、すい臓の細胞などは活性酸素の攻撃に弱いため。つまり、活性酸素で傷ついているから糖尿病を発症してしまうわけで、活性酸素を取り除けば、糖尿病が改善するといったものが番組で伝えられた仮説でした。

活性水素が高血圧・エイズを治す仮説

3つめの仮説は、活性水素が高血圧を防ぐといったもの。高血圧は、過酸化脂質と呼ばれるドロドロとしたものが血管にこびりつくことで、血液の循環が悪くなって起こるのですが、過酸化脂質は血液のなかを流れる不飽和脂肪酸と活性酸素が結びつくと発生します。そのため、活性酸素を除去することで、過酸化脂質の発生を食い止めることができるというのが、活性酸素が高血圧を治す仮説のようです。
そして4つ目の仮説ででたものが、活性水素がウィルスによる感染症を防ぐといった内容で、それはエイズにも効果があるのではないかといったもの。活性水素がアレルギーを治す仕組み同様に、体内にウィルスが侵入すると、それを排除しようと免疫細胞が活性酸素を大量に放出しながら戦います。しかし、かえって毒性の高い活性酸素に細胞自体が自滅することで感染症が引き起こされるのですが、活性水素を取り込むことで活性酸素を無害化し、感染症が予防できるのではないかといった仮説です。
イタリアの国立フィスカ・マテリア研究所のとある博士は、未だ完治の特効薬が見つからないエイズウィルスにも、活性水素は効果があるのではないかと提唱しているとのこと。エイズウイルスが増殖する際に欠かせないプロテアーゼという酵素を体内でウィルス自身が放出するのですが、活性水素はプロテアーゼと結びつく性質があるため、エイズウイルスの増殖を止めることができるといった仮説を立てているようです。

活性水素がガンを治す仮説

最後に、生涯で日本人の2人に1人がかかるといわれているガンも、活性水素によって治すことができるのではないかといった仮説が提唱されました。
日々医療は進歩し、抗がん剤や放射線治療などで治癒率が高くなっているガンですが、その反面治療費用が高額であったり、副作用が辛いといった話もよく耳にします。今や、自分を含め周囲の誰かしらがかかる可能性の高い疾患ですから、それが活性水素によって治るのであれば、世紀の大発見ではないでしょうか。
番組での説明によると、通常の細胞は分裂を繰り返すたびにテロメアという部分が短くなり、そして最終的にテロメアがなくなると細胞分裂をすることができず、その細胞は死滅することとなります。
しかしガン細胞が恐ろしい点は、テロメラーゼというテロメアを修復する酵素を細胞自体が放出するため、一向に死滅することなく無限に増殖するところ。だから、様々な治療を行ったとしても、少しでもガン細胞が残っていれば、また転移をするなどして延々に増殖し続けるのです。
白畑教授によると、このテロメラーゼを妨害する作用が活性水素にはあるため、活性水素を投与すると、ガン細胞も通常の細胞と同様にテロメアがなくなり、いずれは死滅するとのことでした。

あくまでも仮説ありきで楽しむ番組

この番組は未知のものや現象についての仮説を検証する番組のため、活性水素が本当にガンやエイズといった難病に効果があるかは疑問が残ります。また前述したように、「活性水素」と「水素ガス」は少々異なるものであり、現在のところ活性水素は科学的に認められているものではありません。
ただ、この番組に登場していた白畑教授は、活性水素の検出や、がん細胞に対する電解還元水の影響を調べるといった実験を行っているといった記事もあったため、もしかすると活性水素といった新しい物質が、医療を変えてくれる日が訪れるかもしれませんね。
活性水素はこのように研究途中のものではありますが、水素自体は自然界に存在する気体のひとつであり、既に医療機関では高濃度の水素ガスが取り入れられているところもあります。活性水素よりも水素の方が現実としては活用されていますが、活性酸素を水素が無害化するといった内容にかんしては、水素が活性酸素と結びつくといった理論と同じように思えます。
水素水がブームとなったのはこの放送から5年以上も後のことなので、番組が時代を先取りしていたということは確かです。少し古い番組ですが、活性酸素がどのように身体に悪く、水素がどのような仕組みで何故身体に良いかを知るには良い番組ではないでしょうか。

ウォーターサーバー
≪美容と水素の関係水素水テレビ特集