水素水テレビ特集

フジテレビ 「CNC」で紹介された水素水

動物目腺で描かれた動物のための番組

『CHIMPAN NEWS CHANNEL』(チンパンニュースチャンネル)は、フジテレビ系列で2007年まで放送されていた番組であり、そのコンセプトは「動物に向けた動物による動物のための情報番組」といったもの。ニュース風のセットで、司会者であるチンパンジーのゴメスが自由奔放に振舞う様子が斬新とあり、深夜でありながら人気を博した番組です。
基本的にはアメリカのニュース専門チャンネルであるCNNを模倣しているため、人間が動物界の最前線について取材するコーナーや、人気のドッグカフェやペットサロンに動物が実際に行って体験するといったコーナーもありました。
この番組の「シリーズ!動物医療最前線」といったコーナーのなかで放送されたものが、猫の慢性腎不全に奇跡の水が効いたといった内容のVTRです。奇跡の水と言われているH4O水素水とは何か、何故猫の病気が治ったかをドキュメンタリータッチで伝えてくれています。

症状が出たときには手遅れだった

「シリーズ!動物医療最前線~腎不全の猫を救った奇跡の水 H4O~」では、1匹の腎不全の猫を取材しています。腎不全が治ったとされる7歳の猫レオレオ君は、猫好きのご夫婦とその他6匹の猫と一緒に暮らしている幸せな猫。猫の寿命は平均15年といわれているため、まだレオレオ君は若い部類に入るのではないでしょうか。
しかしそのレオレオ君が発症してしまったものが、慢性腎不全。猫の慢性腎不全について調べたところ、高齢の猫のなかでは非常に発症率の高い病気のひとつですが、進行の要因などについてはまだまだ不明な部分も多く、しかも治ることのない病気とのこと。食事療法や適切な治療を行うことで、病気の進行を遅らせることが、現在できる最良の治療とのことでした。
そんなレオレオ君はもともと食欲旺盛だったようですが、ある日突然食欲がなくなり、食べても吐くようになったと番組では飼い主さんがお話しています。猫など多くの動物の場合、病気の症状が現れたときには既に症状は進行していることが多いといわれているため、レオレオ君も気づかないうちに腎不全の症状が進んでいたのかもしれません。

体内には通常の12倍もの毒素が

既にぐったりしているレオレオ君を病院に連れて行ったところ、医師から告げられたのは、余命1ヶ月といった厳しいもの。慢性腎不全は初期の段階であれば食事や輸血などでコントロールすることが可能なようですが、既にレオレオ君は末期の状態だったそうで、何も手立てはないと言われたそうです。どうすることも出来ないので、あとは自宅で最期まで看取るといった選択しか、飼い主さんはできなかったと、インタビューではお話していました。
そんな飼い主さんがすがるような思いで訪れたところが、栃木県にある「遠藤犬猫病院」。この病院は日本でも非常に数少ない猫の腎臓移植を行っている病院で、全国から患者さんが訪れるようです。そんな名医のもとへレオレオ君を連れて行った飼い主さんですが、診察の結果は手術すら無理な状態とのこと。クレアチニンと呼ばれる毒素は、通常であれば1.0以下という値なのに対し、レオレオ君の検査結果は12.1。この数値は、いつ死んでもおかしくない数値とのことでした。

余命1ヶ月の猫が奇跡の生還

遠藤動物病院では、腎臓病の治療のひとつとして、H4O水素水といったものの投与を行っており、手術の難しいレオレオ君にも、H4O水素水の投与を勧めたそうです。
H4O水素水について調べたところ、どうやらH4Oとはペット用水素水の商品名であり、成分は人間が飲むものと全く同じとのこと。この番組が放送されたのが2006年ですから、今のように未だ人間用の水素水はおろか、ペット用の水素水の種類も非常に少なかった時期に、既にこのような商品が密かに売られていたということですね。まだ水素水の可能性について未知数だった時代に水素水を導入していた遠藤動物病院は、先見の明があったのではないでしょうか。
治療のため遠藤動物病院に入院したレオレオ君ですが、すぐにこのH4O水素水を与えたところ、自ら大量に飲み始めたとのこと。H4O水素水は薬品ではないため実際その効果は未知数でしたが、たった1日でレオレオ君のクレアチニンの数値は7.5まで下がったというから驚きです。さらに翌日には2.6にまで下がり、最終的には正常値に近い値にまで回復したというから、水素水のパワーは本物ではないでしょうか。

ペットに相応しい水素水は?

H4O水素水は人間が飲んでもかまわない水素水とのことですが、ペットには飲んでよい水素水と飲んではいけない水素水があります。この番組が放送された当時は水素水について知っている方はまだまだ少なく、今のようにコンビニなどで手軽に水素水が手に入る環境ではありませんでしたが、今では様々な種類の水素水があるため、正しい水素水を選ぶ必要があります。
犬や猫をはじめとした動物は、ミネラルを分解する力がありません。なかでもミネラルウォーターに含まれるマグネシウムは、尿管結石症の原因となる結石を作る可能性が高いことから、ペットにはミネラル分の含まれていないピュアウォーターや浄水がおすすめです。
つまりペットに相応しい水素水を選ぶ際のポイントはは、水素水のベースとなる水の原材料(原水)が何かということ。こちらの番組で紹介されていたH4O水素水も、不純物を取り除いた水(ピュアウォーター)に水素を溶かしているようで、ペットには相応しいお水です。しかも水素が逃げにくいアルミパウチを採用しているなど、本物の水素水だといえるでしょう。
こちらのサイトの「残念水素水」のページでも紹介していますが、水素水がブームとなったからこそ、ニセモノが沢山出回っています。健康維持や病気改善のためペットに飲ませるのであれば、ホンモノかつピュアウォーターを使用したものを選びましょう。
H4O水素水はアルミパウチに入れられた携帯用の水素水ですが、ウォーターサーバータイプを導入すると、携帯用よりも安価なことからペットに毎日与えることができます。
こちらのサイトで紹介しているサーバータイプの水素水のなかで、ピュアウォーターを使用しているのはアルピナウォーターとハワイウォーターの2種類のみ。これら2つは人間用ではありますがペット用としても推奨されているため、自宅に1台あると、、ペットを含め家族全員で利用できるのではないでしょうか。

ウォーターサーバー
≪美容と水素の関係水素水テレビ特集