水素水テレビ特集

~水素水で悪玉活性酸素を撃退~で紹介された水素水

水素水と悪玉活性酸素の基本を押さえたいなら!

「水素水で悪玉活性酸素を撃退」というタイトルで放送されたこちらの番組。辰巳琢郎さんをナビゲーターに迎え、“水素水が老化を防ぐ理由・悪玉活性酸素とは一体何か?”といった基本的な内容を、かなり詳しく分かりやすく伝えてくれています。
テレビ番組でも最近よく取り上げられる水素水ですが、ここまで丁寧に紹介してくれるものは少なく、しかもスタジオでの実験映像も挟んでいるため、「水素水が何で身体に良いの?」と疑問に感じている方は、こちらの番組が一番分かりやすいかもしれません。
ただ、途中まで観ると分かるのですが、こちらの番組は“水素水7.0”という商品のインフォマーシャル。テレビ番組とみせかけ、実は通信販売だった…というアレです。
インフォマーシャルなので、途中途中に水素水7.0の良さや商品を実際に飲んだ方々の感想シーンなどが挟まれています。そのため、「どの商品が良いのか?」と水素水を探している方にとっては少々偏った内容ではありますが、それを差し引いても、非常にためになる番組となっています。

世界のネイチャーに掲載された画期的論文

活性酸素や水素水といったワードが世に出始めたのは、ここ最近のことですよね。その発端は、日本医科大学の太田成男(おおたしげお)教授らのチームが、アメリカの権威ある医学雑誌“ネイチャーメディスン”に、水素と悪玉活性酸素に関する論文を発表したからなのです。 この論文が発表されたのが2007年ですので、まだまだ非常に新しい研究分野なのですが、画期的な内容であったため、大学や医療機関にて続々と研究が進められることに。今や160を越える論文が発表されているようですが、この短期間で160もの論文が発表されるのは、通常考えられないほどのスピードだそうです。 番組内では辰巳琢郎さんが、「医療機関での臨床研究も始まっている」と伝えているように、単なる健康食品の域ではなく、医薬品としても活用が勧められている水素水。では、何故水素水がこれほどまでに注目されているのか。それについて、この番組では分かりやすく解説してくれています。

人はなぜ老化するのか?

年を取ると、しみ・シワが増えて皮膚はたるみ、体力が衰えて病気をしやすくなります。これはヒトだけでなく植物であっても動物であっても生きている限りどうしようもないことなのですが、この老化をなるべく遅らせることができるのであれば、美容面も健康面も嬉しいことだらけではないでしょうか。そんな老化の原因を除去するものが水素だったというのです。
番組ではりんごと鉄の包丁が、老化の一例として挙げられています。りんごは比較的腐りにくいですが、一旦切ってしまうと中身はたちまち茶色に。鉄の包丁もお手入れを怠ると、さびが発生してしまいます。
これらは全て「酸化」したことで起こる現象で、酸素に触れることで起こるのですが、ヒトの身体のなかでもこれと同じことが起きていると番組では伝えています。ヒトはりんごや包丁のように分かりやすく酸化することがないのでなかなか気づきにくいですが、じわじわと体がさびていると聞くと、とても恐ろしく感じますよね。

人体に有害なヒドロキシルラジカル

どうやら活性酸素が原因で体がさびるとのことですが、活性酸素は息をして酸素を体内に取り込むことで発生するようです。つまり、生きている限り酸化し続けるということですね。
そんな活性酸素ですが、実は良い活性酸素と悪い活性酸素があるとのこと。ウィルスや菌から体を守ってくれる活性酸素もあるようなので、どうやら活性酸素が一概に体に悪いというわけではなさそうです。
「ヒドロキシルラジカルが人体に有害だということをご存知ですか?」と番組では伝えていましたが、このヒドロキシルラジカルこそが体をさびさせる原因とのこと。ヒドロキシルラジカルは活性酸素のなかでも“悪玉活性酸素”と呼ばれる種類のようで、極めて酸化力が高いとのことです。
番組中盤、活性酸素が人体に与える影響について長年研究している原土井病院の石橋徹博士のもとへと伺ってお話を聞いています。番組冒頭ではネイチャーに論文を発表し、今や水素研究の世界的権威となった太田教授について触れていますが、太田教授に話を聞きに行かなかったのは取材をお断りされたのかもしれませんね。太田教授は研究者として、普段フラットな立場で水素水について語っているので、一商品のCMには出たくなかったのではないかと推測されます。

原因不明のリウマチと水素水

番組に登場した原土井病院の石橋徹博士は、「ヒドロキシルラジカルは反応が早く、無差別に酸化してしまう」と語っています。長年活性酸素の研究を行っているとのことで少し調べてみたところ、石橋博士は福岡県で活躍している整形外科医で、長年リウマチの研究を行っているようです。
リウマチは患者数が多いものの、原因不明とされている病気のひとつ。そんな病気を研究する中で、リウマチの炎症を慢性化させる原因のひとつが活性酸素であるため、治療に高濃度水素水を取り入れたようです。患者さんによってはリウマチの炎症が軽減されたとのことで、水素水とリウマチに関する論文も発表されています。リウマチでお悩みの患者さんにとっても、非常に嬉しい情報ではないでしょうか。

抗酸化酵素(SOD)とは?

番組の石橋博士のお話に戻りますが、「ヒドロキシルラジカルが原因で老化が起きている」とおっしゃっているのですが、“では、何故それほどまでに凶悪なヒドロキシルラジカルが体内に存在しても生きていけるのか?”といった疑問が提示されます。
その理由は抗酸化酵素(SOD)という物質が体内にあるからで、これはヒトのさび止めの役割をしているとのこと。SODのおかげで、ヒドロキシルラジカルが発生しても私たちは健康に生きていけるとのことですが、残念ながらSOD は40歳を越えるころから低下するそうです。
番組ではSOD の減少グラフが提示されていましたが、40歳からSODの量は急降下。40歳というとちょうど生活習慣病を発症する患者さんが増える年代でもあるため、病気とSODの関係はとても重要だということがわかります。

老化や病気は避けられないのか?

水素分子は、活性酸素と結びつくと体内で水に変わり体外に排出されるというのが水素水が体に良い理由なのですが、なかでも水素ならではの離れ技があるとのこと。それが太田教授がネイチャーに掲載した、
H2 selectively reduces ・OH in cultured cells
(水素はヒドロキシルラジカルを選択的に消去する)
という部分だというのです。
水素だけでなく活性酸素を除去するいわゆる“抗酸化作用物質”とよばれるものは沢山あり、化粧品にも配合されているコエンザイムQ10やポリフェノール、アスタキサンチンなどが代表的なものです。
また、番組の冒頭でも紹介されたりんごですが、りんごが長期間放置しても酸化せずに守られているのは、皮の部分に含まれるリンゴポリフェノールが、高い抗酸化作用を持っているため。このように色々な食品に抗酸化作用物質は含まれているのですが、実はこれらは、体をウィルスなどから守る良い活性酸素(善玉活性酸素)も攻撃してしまうのです。しかし水素は、最も体に害を及ぼす悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)のみを選択的に消去するとのことでした。

水素分子は軽くて逃げやすい

水素は非常に小さな分子だからこそ細胞の隅々にまで行き渡るとのことですが、その反面小さいからこそ、ペットボトル・アルミパウチ・アルミ缶に入れられた水素水の水素は時間と共に蒸発してしまうとのこと。その根拠を証明するべく、スタジオにて辰巳琢郎さんが簡易的ではありますが実験を行っています。
用意されたのは“メチレンブルー”と呼ばれる試薬で、こちらは活性酸素に見立てたもの。さびている(活性酸素がある)状態では青い色をしているのですが、除去されると透明になります。
こちらの液体を、アルミパウチに充填された水素水(4ヶ月)に入れるとどうなるのか。水素が含まれているのであれば青いメチレンブルーは透明に変わるはずですが、番組の実験ではほぼ色に変わりはみられませんでした。
アルミパウチに充填された水素水は、水素水のなかでも最も抜けにくいとされており、水素水研究の第一人者である太田教授も、携帯用であればアルミパウチ入りを推奨しています。しかし何故、番組で使用された水素水には全く水素が含まれていなかったのか。その理由は、使用した水素水の保存時期に関係があると私は考えました。

作りたての水素水が一番体に良い?

アルミパウチに充填された水素水の賞味期限について調べたところ、どこも3ヶ月を基本としているようです。その理由は、どれだけ厳重に密閉されたアルミパウチであっても、3ヶ月で半分の水素は逃げてしまうからとのこと。番組で使用されたアルミパウチ入りの水素水は製造後4ヶ月とあったため、中の水素はほとんどなくなってしまったのだと考えられます。
その他、アルミ缶入りでも同様の実験を行っていましたが、やはり試薬は青いまま。けれどもこのインフォマーシャルの商品である“水素水7.0”を使用した作りたての水素水に試薬を入れると、試薬を入れた瞬間から色が青から透明に変わるというものでした。逃げやすい水素だからこそ、どうせ摂取するのであれば作りたてが良いということですね。
番組後半には、ヒトだけでなく老化で動けなくなった老犬に水素水を飲ませたところ、散歩ができるまでに回復したというエピソードもあるため、ペットを飼っている方も導入を検討してみてはいかがでしょうか。
このサイトではおすすめのサーバータイプの水素水を複数紹介していますが、作りたて且つ高濃度の水素水を選ぶのであればサーバータイプがおすすめです。病気の原因はさまざまですが、その根源全てに活性酸素が関わっていると、活性酸素研究を長年行っている石橋博士はおっしゃっています。病気になりにくい体作りを目指している方も、水素水生活を始めてみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバー
≪美容と水素の関係水素水テレビ特集